2008年04月01日

「人工呼吸の省略」が正式採用になりました

とりあえず速報です。

このブログでも何度かお伝えしている新しい心肺蘇生法としての人工呼吸の省略。

それがいよいよ正式なものとなりました。

心肺蘇生法のフラグシップ団体であるアメリカ心臓協会AHAが3/31付で、
条件付きではありますが、人工呼吸は行なわない胸骨圧迫だけの心肺蘇生法を正式採用し、世界中で普及活動を展開する声明を発表しました。

これまでも論文レベルで、人工呼吸をしない方が蘇生率が高いというデータはいくつも出ていましたが、蘇生を普及する側のガイドラインとして、ここまではっきりとした方針が銘打たれたのは画期的なことです。

ガイドライン2010の発表を前に、世界の蘇生事情に激震が走った形になりました。

http://www.americanheart.org/presenter.jhtml?identifier=3011764

唐突な話で恐縮です。

日本時間で本日未明に発表になって朝一番でチェックしたばかり、という状況なもので、、、、

また今度詳しく書きます。
posted by Metzenbaum at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急蘇生 (BLS、ACLS)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91814614
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック