2014年01月26日

お勧めのファーストエイド解説本「もしもの時に必ず役立つ!緊急・応急処置Q&A」

なかなか良い本が出ました。



編集は三上 剛人さん。救急認定看護師で有名な方です。
執筆陣もほとんどが救急認定看護師。

救急認定看護師で、ファーストエイドといえば、日本救急看護学会が出した「ファーストエイドすべての看護職のための緊急応急処置」がありましたが、コンセプトとは裏腹にファーストエイドとは名ばかりで、ひどい内容でした。(ナースのための救急センター初療マニュアルとしては、いい本なんでしょうけど、ファーストエイドじゃなかったです、内容が)

この点は、執筆陣も感じていたんでしょうね。

そこで出てきたのが(看護職のためのファーストエイド実践書)「もしもの時に必ず役立つ!緊急・応急処置Q&A」です。

まえがきのいちばんはじめにこんなことが書かれています。

「本書は、病院内で起こる急変を想定したものではありません。救急看護師向けに書かれた限定的な本でもありません」

やっぱり先のファーストエイド本は「救急看護師向けに書かれた限定的な本」だったんでしょうね。

さて、この「もしもの時に必ず役立つ!緊急・応急処置Q&A」のいいところは、アセスメントの手順がしっかり書かれているところ。看護職向けとしているだけのことはあります。

ABCDEアプローチでの一次評価、AMPLE聴取や全身観察の二次評価など、医療界で標準の体系的アプローチに準拠しています。やっぱりナース向けとしてはこうでなくちゃ。

また観察の視点や、病院にいってから処置のことも軽く触れられているため、他の「市民向け」応急手当解説書と違って、救命の連鎖的なつながりをもった視点でファーストエイドが学べるんじゃないかと思います。

看護職向けと考えたら、やや簡単に書かれているといえるかもしれません。一般の方向けとしてはやや手ごたえのある内容かもしれません。

その点を踏まえて、今のところもっともお勧めできるファーストエイド解説書かなと思います。





posted by Metzenbaum at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 看護師スキルアップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386144852
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック