2006年05月07日

昨日買ってきた参考書2冊

昨日、大きな医学書センターが入っている本屋に行ってきました。
そこで見つけてきた本を2冊、ご紹介します。

◆『エキスパートナース』5月号特集〔モニター心電図わかるガイド・・読み方、伝え方、対応法〕

エキスパートナース2006年5月号「モニター心電図わかるガイド・・読み方、伝え方、対応法」ひとつは本、というよりは雑誌ですけど、看護婦にはおなじみの『 エキスパートナース Expert Nurse 』の5月号。

特集記事が「モニター心電図わかるガイド・・読み方、伝え方、対応法」というもので、この特集記事、なかなか良かったです。『エキスパートナース』誌はふだんは立ち読みで済ませるんですけど、思わす即買いしてしまいました。

内容はというと、別冊付録になっている「ニガテ克服! モニター心電図基本マスターブック」の方で、P-QRS-Tの波形の意味など基礎のおさらいをして、本特集の方でありがちな重要な不整脈(ST変化を含む)の意味と対応方法が詳説されてます。

この特集がいいなと思ったのは、心電図の読み方に徹するのではなく、あくまでも急変時対応もしくは急変の前段階をを察知するためのツールとして位置づけられている点。

滅多に見ないような優先度が低い波形のことは触れられていませんし、この波形を見たらどう対応するかという部分が強調して書かれてますので、モニター心電図入門編としては良い作りになっていると思います。まったく初心者だけど、勉強したいと思っていた、そんな人にはかなりお勧めできる特集記事です。

実は来月あたりに、職場内でモニター心電図に関する勉強会を企画しているのですが、その資料にしっかりと取り入れさせてもらおうと思っています。


◆『これだけは知っておきたい 手術室ナーシングQ&A』

or_nursing_qanda.jpgもう一冊は最近出版された手術室関連書で「これだけは知っておきたい 手術室ナーシングQ&A」という本。先月発行されたばかりとあって、最新の内容なので読んでいて非常に安心感のある本です。


つい昨日もブログの話題として取り上げましたが、ここ数年でオペ前の手洗いの方法が大きく変わりましたし、滅菌期限の考え方とか、術後の創消毒など、エビデンスに基づいて見直しをされている事柄がいっぱいあります。

ちょっと古い本なんかを参考にしてしまうと、今となっては明らかな間違いということがとかくありがちで、現場でも非常に混乱になっているんですよね。

その点、この本に書かれていることは最新の内容だから大丈夫という安心感があります。エビデンスレベルということで、その情報の信頼度というか、どの程度根拠性があることなのかという指標が書かれているのもいいです。(心肺蘇生の国際ガイドラインにマネなのか、最近この手の指標をよく見ますね)

内容はというと、外回り業務・器械出し業務問わず、オペ室初心者がひっかかりがちな疑問点を全94問、Q&A形式で書かれてます。内容が気になる方は、次ページに目次を列挙しておくので参考にどうぞ。



これだけは知っておきたい手術室ナーシングQ&Aicon

編集:天羽 敬祐 東京医科歯科大学/東北大学名誉教授
    川村 隆枝 独立行政法人国立病院機構仙台医療センター 麻酔科
定価 : 3,990円(税込)


■ 目 次 ■
・ 術前管理
Q1  インフォームド・コンセントは緊急手術患者にも必要ですか?
Q2  術前の禁煙は,手術実施日のどのくらい前から施行すると効果があるの?
   また,実施上の問題点についても教えてください
Q3  手術患者の術前訪問での情報収集の要点を教えてください
Q4  術前に必ず行っておくべき最低限の検査は何ですか?
Q5  手術患者の術前評価法ASAについて教えてください
Q6  呼吸困難の分類(Hugh―Jones)と手術危険度の関係を教えてください
Q7  術前の心機能評価方法について教えてください
Q8  術前の絶飲食時間はどのくらいにすればよいのですか?
   特に夏場の手術や幼小児の場合について教えてください
Q9  術前にはどんな常用薬を制限したらよいでしょうか?
Q10 前投薬を使わない医師もいますが,麻酔前投薬は必ず必要ですか?
Q11 すべての手術で,術前の抗生物質の投与は必要ですか?

・ 手術室入室時
Q12 患者さんが手術室に着いたときのチェック項目について教えてください
Q13 手術室到着時に泣きわめいている小児患者への対応を教えてください
Q14 搬送用ストレッチャーから手術台に移動するときの注意点は何ですか?
Q15 最近,手術患者を歩行入室させるところが増えていると聞きますが,
   ストレッチャーによる入室に比べて,どういう利点がありますか?

・ 硬膜外麻酔
Q16 硬膜外カテーテルを術後長期留置する際のカテーテルの管理方法と注意点について
   教えてください
Q17 硬膜外麻酔で使用する麻酔薬の種類と特徴について教えてください
Q18 硬膜外麻酔に時間がかかり手術予定が大幅に遅れることがあります.
   硬膜外麻酔は絶対必要なのですか?
Q19 小児鼠径ヘルニアの手術で,仙骨ブロックは何歳(体重何kg)くらいの子どもまで
   有効ですか? 術後,どのくらい鎮痛効果が期待できますか?

・ 脊椎麻酔
Q20 脊椎麻酔では前投薬は不要ですか?
Q21 脊椎麻酔は何歳くらいの子どもまで施行できますか?
Q22 脊椎麻酔を側臥位で行う医師と坐位で行う医師がいますが,どう違うのですか?
Q23 脊髄くも膜下麻酔で麻酔レベルを決定する因子について教えてください
Q24 脊椎麻酔で血圧が下がりやすい患者さんをあらかじめ予測する方法を教えてください
Q25 脊椎麻酔の絶対的禁忌はどんな場合ですか?
Q26 脊椎麻酔の使用薬剤量はどのように決めるのですか? どんな場合に少量にすべきですか?
Q27 脊椎麻酔の後,どのくらいの時間が経てば体位を変えてもよいのですか?
    その理由も教えてください
Q28 脊髄くも膜下麻酔中の主な合併症とその処置について教えてください
Q29 局所麻酔薬にエピネフリンを添加する意義は何ですか?

・ 気道確保
Q30 気管チューブの適切なサイズの選び方を教えてください(小児と成人の場合について)
Q31 LMAはどんな場合に適応があるのですか?
Q32 経口エアウエイと経鼻エアウエイ使用の違いを教えてください
Q33 気管挿管が難しいのを予想する方法を教えてください
Q34 気管挿管中にはどんな合併症が起こりやすいのですか?
Q35 意識下挿管はどんな場合に使うのですか?
Q36 経鼻挿管はどんな場合に使うのですか?
Q37 ダブルルーメンチューブの適応と注意点について教えてください
Q38 挿管困難時,ナースはどのような介助をしたらよいのですか?
Q39 気管切開している患者さんにはどんな注意が必要ですか?

・ 術中管理
Q40 バッキングはどうして起こるのですか? 抑える方法について教えてください
Q41 三方活栓を使用すると感染の頻度が増えるといわれますが,
   その頻度と対策について教えてください
Q42 ぺースメーカー植込み患者の手術中,電気メスの使用は可能ですか?
   また,注意点を教えてください
Q43 手術室入室前に排尿させた患者さんでも,2〜3時間の手術に導尿が必要ですか?
    必要ならその理由も教えてください
Q44 幼小児の尿量はどうやったら正確に測れますか?
Q45 器械出しナースの滅菌手洗いの最新の方法を教えてください
Q46 術中輸液の基本的な知識を教えてください
Q47 正確な出血量の測り方を教えてください
Q48 輸血の開始基準を教えてください
Q49 輸血中に起こる合併症と注意点について教えてください
Q50 自家輸血とは何ですか? どんなときに使われますか?
Q51 手術中に生じる危険な不整脈について教えてください
Q52 極端な肥満者に対する手術中の注意点を教えてください
Q53 全身麻酔で麻酔中,血圧が急激に低下する主な原因を教えてください.
   またその場合,ナースは何を準備しておけばよいですか?
Q54 手術中によく動脈血液ガスを検査しますが,何がわかるのですか?
Q55 中心静脈圧(CVP)の測定にはどんな意味があるのですか?
Q56 人為的に血圧を下げて麻酔することがありますが,なぜそうするのですか?
   どれくらいまで血圧を下げても安全ですか?
Q57 患者さんを側臥位や腹臥位にしたときの注意点を教えてください
Q58 手術部位の剃毛をしないという話を聞きますが,本当ですか?
   本当なら理由を教えてください
Q59 輸血後の合併症GVHDとはどんな病気ですか?
Q60 手術室の清潔度を高めるには,どんな点に注意したらよいのでしょうか?
Q61 糖尿病患者の手術中には,どんな点に注意したらよいのでしょうか?
Q62 気管支喘息患者の手術中には,どんな点に注意したらよいのでしょうか?
Q63 狭心症患者の手術中には,どんな点に注意したらよいのでしょうか?
Q64 高血圧患者の手術中には,どんな点に注意したらよいのでしょうか?
Q65 悪性高熱症はどんな病気ですか?
    予測方法と起こったときの治療法について教えてください
Q66 空気塞栓はどうして起こるのですか? その予防法は何ですか?
Q67 手術室内で患者さんが感電事故に遭うことがあると聞きましたが,何が原因ですか?
   また,予防策を教えてください
Q68 全身麻酔器のCO2吸収薬(ソーダライムなど)の交換の目安を教えてください.
   古くなると患者さんにどんな症状が起こりますか?
Q69 心臓外科の手術のときにフェンタニールを大量に使用する理由は何ですか?
Q70 腹腔鏡下手術の主な合併症とその対策について教えてください
Q71 整形外科のTHRでセメント使用時に血圧低下が起こるのは,なぜですか?
Q72 麻酔器のメンテナンスは誰がすべきですか?
    また,どのくらいの頻度で行うべきですか?
Q73 心臓血管外科の手術では最低限どんなモニターが必要ですか?
Q74 点滴が落ちないとき,原因として考えられるのは何ですか?
Q75 肺動脈カテーテルはどのようなときに使用するのですか?
Q76 全静脈麻酔とは何ですか?
Q77 ほとんどの全身麻酔はセボフルランが使われますが,
   時々イソフルランを使用する医師がいますがなぜですか?
Q78 術中体温管理の要点について教えてください
Q79 知的障害者の全身麻酔ではどんな注意が必要ですか?
Q80 SpO2が低く表示される原因は,低酸素血症以外にどんなことがありますか?
   また,SpO2の安全な下限はどれぐらいですか?
Q81 直接動脈圧をモニターする必要があるのは,どんな症例ですか?

・ 手術終了時と術後管理
Q82 手術終了時,ガーゼや器具類の確認をどのように行ったらよいのでしょうか?
   具体的に教えてください
Q83 手術終了時,病棟やICUに申し送りする内容で,重要なポイントは何ですか?
Q84 手術室の記録で,ORナースとして行うべき記載内容を教えてください
Q85 手術終了時に体温が低下していなくてもシバリングが起こるのはなぜですか?
   その対処方法についても教えてください
Q86 術後,回復室で激しく嘔吐する人がいますが,なぜ吐くのですか?
   また,その時の処置を教えてください
Q87 麻酔終了後,なぜ酸素マスクをするのか教えてください.
   また,術後の酸素投与の基準について教えてください
Q88 術後訪問の具体的なやり方と主な注意点について教えてください
Q89 周術期の肺血栓塞栓症予防対策について教えてください
Q90 感染症患者の手術後の部屋は,どのように清掃すればよいのですか?

・ その他
Q91 手足の手術でも全身裸にする必要がありますか? その理由も教えてください
Q92 最近,日帰り手術の件数が増えていますが,
   ORナースは日帰り手術ではどんな点に注意したらよいのでしょうか?
Q93 一人の麻酔科医が,二人の患者さんに麻酔をかける並列麻酔は危険ではないのですか?
Q94 救急救命士はLMを使用することが正式に認められていますが,ナースも使用することができますか?
posted by Metzenbaum at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 看護師スキルアップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17486158
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック