2006年04月03日

手術に使うハサミ(剪刀)の話

手術に使う道具(鋼製器具/器械)のうち、いちばん出番が多くて重要な器械は剪刀(はさみ)かもしれません。

前にも書きましたが、手術のときメスを使う場面というのは非常に限られています。術式によっては最初に皮膚にスッーっと切れ目を入れる以外はまったく出番がない場合もあるくらい。

皮膚に切れ目が入ったら、あとは電気メスで創を拡げていく場合がほとんどですし、他に切る道具を使うとしたらやっぱりハサミ類ですね。

外科手術に使うハサミには実にたくさんの種類があります。
組織を切る用のハサミ、糸を切るためのハサミ、など複数のハサミを使い分けます。血管などの組織用のハサミはかみ合わせや切れ味が命なので、比較的固い結紮糸などは別の専用の糸切りバサミで切るようにするのが一般的です。

医者は「ハサミ!」としかいわない場合が多いので、うちら器械出し看護師は手術をしている部分(術野)をよーく見て、その場面ではどのハサミを渡せばいいのかなということを判断しなければなりません。

外科手術に使うハサミ(剪刀)類
↑(手前から)クーパー/長クーパー/メッツェン/直剪

外科手術用ハサミの先端の形状
↑ 先端の形の違い(左から)/メッツェン・メイヨー・クーパー

◆  ◆  ◆


●クーパー Cooper

手術用ハサミのなかで、たぶんいちばん有名なのはクーパーでしょう。どんな科の手術でもたいてい使います。

上の写真で言うと、手前の2本がクーパーです。先が丸まっていてチョイ幅広。深いところで操作するときは、手前から2番目のようなちょっと柄が長めの長クーパーを使ったりします。

婦人科オペなんかでは、クーパーでジョキジョキと腹膜や子宮を切り開いていったりもしますが、一般的にはクーパーは雑剪(ざっせん)などとも呼ばれ、血管を縛った後の糸を切る専用に使われることが多いです。

このハサミを開発したのは1800年代に活躍したイギリスの外科医のクーパー Cooperさん。医療器具は開発者の名前が付けられている場合が多いようです。

●メッツェンバウム Metzenbaum

メッツェンバウムは略して「メッツェン」といわれる場合が多いです。
これはクーパーより、先が細く薄くなっています。細かい組織を切る用のハサミになります。基本的にはコイツで糸類を切ることはありません。(まあ、血管結紮の後は血管を切る流れでそのまま糸もチョキンとやることはありますが)

メッツェンあたりになると、ハサミとはいえ切る以外にもうひとつの重要な使い方が出てきます。それは「剥離」。これは文章で説明するのはちょっと難しいのですが、人間の組織というのは基本的に膜構造になっているわけで、創を切り開いていくにもただ闇雲に切ればいいわけではなく、まずはくっついている膜を剥がしてからハサミを入れる必要があるんです。

そんなときに膜を剥がす「剥離」操作をするのもハサミの役目です。膜とおぼしき隙間に先を差し込んで、ハサミを開く。そうやって膜層を拡げていくわけです。(文章だけでイメージ伝わるかなぁ? 実際に術野をみればよくわかるんですけど...)

似たような操作はペアンやモスキートペアンといった止血鉗子や、ケリーなどの剥離鉗子で行なう場合もありますが、開腹手術などでは刃先の薄いメッツェンが好んで使われます。

上の写真でいうと手前から3本目がメッツェンになります。

●メイヨー Mayo

メイヨーは、クーパーの先を少し細めにしたような感じのハサミで、比較的固めの組織を切るためのがっちりとした鋏です。主に整形外科領域などで使われます。手術室全体でいったらあまり出番はないハサミかも。

手術の時、器械受け渡しをするための台のことを、メーヨー台と言ったりしますが、このメーヨーというのは人の名前です。いまでもアメリカにメーヨー・クリニックという歴史的な病院がありますが、その創始者メーヨー兄弟が開発した道具なのでメーヨーと呼ばれているようです。
posted by Metzenbaum at 00:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | 器械出し/直接介助(直介)
この記事へのコメント
はさみだけでなく、ほかの器具も色々と、
紹介してください!

私は医者を目指しています。
医療用の器具を色々と紹介してくれたら、
幸いです。

私はバチスタ手術を見てから、医者に興味を持つようになりました。

医療系のドラマなどはとても好きです!
ぜひ、医療器具について色々と教えてください。宜しくお願いします。

Posted by 丸井ブン太 at 2009年05月18日 16:20
まさにうんこだな
Posted by ああ at 2009年06月19日 05:52
メキシコから読んでいます!私はメキシコで医学部を勉強していますけどいつか勉強を続けるために日本に行きたいので日本語の勉強も医学部の勉強も頑張っています。この記事をとっても興味深く読ませて頂きました。また違う器具についてお書きになりますか。また参照になるページを教えて下されば幸いです。
どうか宜しくお願いします
Posted by イバン at 2010年03月24日 10:03
鸟的迁徙的故事是一个关于承诺的故事——对于回归的承诺……
Posted by coach outlet at 2011年01月08日 18:16
私はここで紹介されている手術用剪刀を、作っている者です。最近はマイクロ関係の剪刀が多くなってきています。マイクロ剪刀の方が始めてみる方には面白いかも。作るのって結構難しいんですよ。35年やってて未だうまくいかないことが多い毎日です。
Posted by はさみやおやじ at 2011年03月10日 17:49
はじめまして。看護士を目指している高校生です。クーパーについて調べていたのでとても参考になりました。医療器具って見たり調べたりするのが楽しいのでもっともっと紹介してほしいです。あとおこがましいですが、看護士を目指す上で学んでおいた方がいい事ってありますか。どんな事でもいいので教えて下さい。
Posted by 時計草 at 2011年05月07日 19:58
「孤高のメス」と言うTVドラマを見ました。
後味の悪い結末なので見た後も「なんだコリャ」と言った感じが残りました。
肝移植を受けた市長がその後どうなったのかが無い。日記を書いた看護師の死んだ時の写真や顔が無い。所謂歳とその風貌が知りたい。
看護師の息子の歳から創造せよと言うのだろうが、物足りない。移植手術をした医師はその後どうなってどうしているのかも分からない。
細かな描写では出ていたのかもしれないが、見ている者には理解できない場面が多過ぎる。
ただ印象に残ったのが、手術の最終場面で看護師が「このクーパーを渡せば終わり…」と言うセリフが有った。ハサミの事をクーパーと言うのかなと気になり、インターネット検索をしてこのWEBにたどり着いたと言う訳です。
Posted by 立花ひろし at 2011年09月24日 10:28
はじめまして!この春からいどうではじめて中材に勤務になった看護助手です。病棟より機械が一気に増え必死で覚える毎日だったので、とてもたすかりました!ありがとうございます。


Posted by はる at 2012年04月18日 22:22
デコルテ部分に1mm以下のプツプツがたくさんでき、皮膚科で「いぼ」と言われました。

なんでもいいから、全部取り除いてほしかったのですが、医学的には放置でいいものなのでしょう、

医師は、滅菌袋をびりっと破いて薄く小さい鋏を取り出し、5個位、そのままダイレクトに切り取りました、痛かったです。

まだたくさん残っているのに終わりと言われました。とても混んでる病院でした。

そんな簡単な対応でいいなら、帰宅して自分で切ろうとしましたが、文房具の鋏は分厚く、皮膚上1mm程度の突起は切れませんでした。

で、ハサミを購入しようと調べていて、真っ先にここのサイトに偶然来ました。

勉強になりました。
ありがとうございました。
Posted by さらさ at 2013年09月08日 02:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック