2010年03月01日

手術室看護の専門性、「看護管理」誌記事

手術室業務をマジメに考えている人必見の雑誌記事特集。

雑誌「看護管理2010年2月号」


「看護管理」2010年2月号
 =周術期看護を取り巻く諸問題=

■≪インタビュー≫標準的で,安全性が担保された手術室の効率運営に向けて
 −周術期のオペレーションを集学的な研究領域へと発展させるために
■≪インタビュー≫手術看護の独立性,専門性とは何か
 −手術部看護師の配置基準創設に向けて

■手術看護の専門性確立に向けた支援
 −手術部看護師長として人事労務管理改善のため行動する
■手術看護における質保証の仕組みづくり
 −認定看護師の活用と予防倫理に基づく実践
■手術室に配属された看護師の教育体制の構築
 −ゆるやかな専門化と定着をめざして
■手術器械出し専門職員(スクラブテクニシャン)の育成と臨床活動に関する検討
 −手術看護の専門性とは何か

■≪インタビュー≫周術期チーム医療の理想的なあり方,看護師が果たす役割とは
野村実氏に聞く
posted by Metzenbaum at 10:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | 手術室の話 [ 雑談 ]
この記事へのコメント
お久しぶりです。
手術看護についての特集ですよね。
私も買いました。

とくに手術看護分野認定看護師って
どこに向かって行くべきなんでしょうか。

Posted by ままなーす at 2010年03月04日 20:07
病院内でSPDやってます。

いつも手術室の看護師さんにはお世話になりっぱなしなんです。ときどき訪問させていただいております。私もブログで病院話を時々書いてますのでよろしかったら是非〜。
Posted by imuzio at 2010年03月04日 23:59
かなり遅い書き込みになりますが、ご紹介をどうもありがとうございます。
時々ブログを拝見させていただき、刺激を受けています。
機会がありましたら、ぜひ弊誌にもご執筆をお願いいたします。
Posted by 看護管理編集室 at 2010年10月01日 19:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142467038
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック